saltyの備忘録

大学生ブロガーです。FIRE目指して挑戦中!

大量消費を疑問視?ダウンシフトを読んで思ったこと(2021.3に読んだ本の感想)

f:id:salty-saltie:20210402185130p:image

こんにちは。今回は、前回に続いて先月に読んだ本の感想を書いていきたいと思います。

 

ジャンルは、お金に続いて、「ダウンシフト」です。お金編もぜひ読んでくれると嬉しいです。 

salty-saltieblog.com

 

ダウンシフト関連の書籍で読んだのは、「減速して自由にいきる」と「しないことリスト」です。

 

やらないことリストはダウンシフトと直接的には関係ないですが、似ている考え方だなと感じたので、まとめています。

 

今回は、この2冊の感想を書いていきます。みなさんもぜひ読んでみてください。 

減速して自由に生きる

まず、「減速して自由に生きる」です。

 

これは、ある人が大手の営業職として働いてから、自営業で飲食店を営むようになった過程の話が書いてあります。

 

そのなかで大量生産・大量消費をする生き方や、給料を上げて豪華な生活を目指していく生き方に疑問を持った体験がつづられています。

 

そして、実際にサラリーマンを辞めて飲食店をはじめ、最低限の収入で質素で充実した生活をしています

 

この方たちはダウンシフターズと呼ばれるそうです。

 

ダウンシフトとは、この著者のように、給料を上げて豪華な生活をすることを目指す道をやめて、最低限の収入で質素に暮らすことをえらぶことです。

 

将来の生活の仕方の参考になった

この著者の生き方は、FIREを達成してからの暮らしの仕方の例としてすごく参考になりました。

 

自分はとりあえずは、今の社会で競争していく環境で生きていこうと思っています。

 

その生活を10年程度続けて、ハーフFIREとダウンシフトをする準備をしようと思っています。

 

ダウンシフトをすると時間ができます。その時間を使って、社会貢献や家族との時間など自分のやりたいことに多くの時間をさけるようになりたいなと思いました。

 

まだ口だけの目標ですが、かならず実現できるようにスモールステップで頑張っていこうと思います。

 

メルカリっていいなって思った

この本を読んでから、メルカリっていいサービスだなって思いました(笑)。

 

きっかけとしては、この本をよんで、新品を買って使わなくなったら処分するスタイルに違和感を感じたからです。

 

世の中には物があふれかえっています。それなのに、わざわざ新品をかって使うってなんかもったいないなって感じました。

 

もちろん中古で買うのは不安もあるとは思いますが、まだ使えるものを捨ててしまうのってもったいないなと思いました。

 

なので、メルカリはいらなくなったものを誰かに譲ることができてすごいいいサービスだなと思いました。

 

実際、ビジネスの基本的な部分も勉強になるし、ぜひみんなにもやってみてほしいです。

 

ものをいっぱい持ってることに違和感を感じた

メルカリを使い始めた理由の一つにもなっているのですが、この本を読んでものがいっぱい家にあることにすごい不快感と違和感を感じるようになりました。

 

なんか自分っていらないものをすごくたくさん持っているなって思いました。

 

年に数回しか使わないもの、買いだめした文房具、着なくなった洋服など、モノにあふれていることに気づきました。

 

それでいらなくなったものをメルカリで売るようにしました。意外と早く売れてくれるので、捨てる必要がなくてすごくありがたいです。

 

今後はなるべく中古で買って、いらなくなったら人に譲るか売るかしていこうと思います。

 

しないことリスト

次に「しないことリスト」です。

 

この本は、題名の通りやらないことリストが書いてあります。

 

世間一般的にやるべきことだと思われているものを中心にまとめられているので、読んでみてください。

 

メンタルきついときとかに読むと心が軽くなるかなって思います。

 

今の自分の精神状態で読んだときにはあんまり響かなかったんですけど、学びになる部分はありました。

 

人間関係もっと淡白でいい

まず、人間関係もっと淡白にしていいなって思いました。

 

自分は結構人に嫌われるの嫌いです(笑)。周りの人からはあんまりそう感じるように思われてないかもしれないですが、結構気にするほうだと思います。

 

そんな感じだったんですけど、八方美人を続けるのって無理だよなあって思いました。

 

人間関係とかも親友いないなあって悩んでたときとかもあったんですけど、人って15人くらいの人しか深い関係を管理できないってきいて、悩まなくなりました。

 

自分が自分のベクトルで生きていれば、その時に必要な人と出会うことができると思うし、過去に疎遠になってしまった人でも、また仲良くなる機会が来ると思っています。

 

なので、最近は自分の道を進んで疎遠になっちゃう人は今の自分とは合わないだけで別に気にしなくていいと思うようになりました。

 

もっとわがままに生きていい

また、もっとわがままに生きていいなって思いました。

 

もしかしたら十分すぎるほど自己中に生きているかもしれませんが、よりわがままに生きようと思いました。

 

自分の人生に責任をとれる人って自分しかいないなって思います。

 

どれだけ誰かが決めたルールに従ってても、人生の責任は取ってもらえないと感じてます。

 

なので、自分がいらない・やりたくないと思ったことはできる限りサボって、貴重な時間を自分がやりたい・必要だと思うことに割こうと思ってます。

 

今は、午前中に用事は最大限いれないようにして、資格の勉強の時間を確保しています。

 

そして、夜は11:30には寝るので、11時以降の連絡は見てません。

 

また、7人以上のミーティングは理由つけて出席しないことが多いです。

 

わがまますぎるかもしれませんが、迷惑をかけすぎない程度にわがままに生きていこうと思ってます。

 

まとめ

減速して自由に生きる

  • 生き方の一つの例として参考になる
  • メルカリってすごい
  • ものを簡単に捨てずに大切にする
  • 新品でかわない

しないことリスト

  • 人間関係もっと淡白で
  • わりとわがままに生きても大丈夫
  • 自分の時間大事にする

今回は、ダウンシフト系の本を読んでみての感想を書きました。

 

感想というより自分の価値観的な部分を書いてしまった部分もありますが、面白いと思ってもらえたらうれしいです。

 

あとは夢をかなえるゾウを読んだので、その感想もまとめようかなと思っています。

 

今後もぜひ読んでもらえると嬉しいです。