saltyの備忘録

大学生ブロガーです。FIRE目指して挑戦中!

1日2食生活をやってみてわかったメリット・デメリット

f:id:salty-saltie:20210803122819p:plain

「1日3食は食べすぎっていうけど、実際どうなんだろう?」

「2食生活やってみたいけど、健康に悪くないのかな?」

「実際2食生活をするとどうなるんだろう?」

 

最近、1日3食は食べすぎなんじゃないかって話題になっていますね。

 

食事の間を16時間空けると若返るとか病気になりにくくなるとかいろいろ言われていますよね。

 

自分も本当はどうなんだろう?と思って、1か月の間1日2食生活をやってみました。

 

今回は、この1か月間を通して気づいた1日2食生活のメリットとデメリットをまとめていきます。

 

1日2食生活を検討されている方の疑問を解決できる内容となっていると思うので、ぜひ最後まで読んでください!

(結論)1日2食生活のメリット・デメリット

f:id:salty-saltie:20210323204058p:plain

まず最初に結論から書いていきます。

 

2食生活のメリット
  • 食費が浮く
  • 時間ができる
  • 御飯がおいしくなる
  • 体重がやせる
2食生活のデメリット
  • やせすぎる
  • たまにエネルギー不足を感じる時がある

一つずつ解説していきます!

 

2食生活のメリット

f:id:salty-saltie:20210812144152p:plain

食費が浮く

まず、なんといっても食費が浮きます。

 

毎日3食食べていた場合と比べて1か月で30食分食べなくなるのでそりゃあ当然だろって感じですかね。

 

1食にかかるお金を400円とすると1か月で1万2000円の節約になります。これが1年続くと約15万円の差になるので、結構大きいですね。

 

毎年この15万円で投資信託買ったら小金持ちになれちゃいますよ(笑)

 

ただ、自分はおなかがすきすぎたときには、ナッツとかチョコレートを少し食べているので、完全に節約できているわけではないと思います。

 

時間ができる

自分的には、これは結構大きいメリットだなと感じました。

 

1日2食にするとかなり時間ができます。その時間をほかの作業につかえるようになっているので、今後も続けていきたいなって思ってます。

 

お昼休みがいらなくなる

自分は朝と夜の2食にしているのですが、お昼を食べなくなったことでお昼休憩がいらなくなりました。

 

考えてみると、朝8時ごろにご飯食べてるのに、12時にまたご飯食べるって結構忙しいなって感じます。

 

お昼を抜くようになってからは、朝ご飯を食べた後は長い休憩を取らずに夕方まで作業をすることができるようになりました。

 

疲れを感じたときは30分程度お茶とかナッツとか食べる時間を作っているのですが、お昼をしっかり食べるほどの時間もかからず楽に休憩できています。

 

食事にかかる手間が減る

また、食事にかかる手間が減ったのもうれしかったです。

 

食事をとるためには、献立を考えて、買い物に行って、料理をして、片づけをするという結構時間のかかる過程がたくさんあります。

 

お昼を抜くことによって、その手間がかなり減りました。

 

自分は朝御飯のメニューは固定しているので、献立を考えるのは夜だけです。

 

そのため、夜ご飯を作るのも楽しめるようになりましたし、買い物の頻度もかなり減りました。

 

1日1回の料理であれば、趣味としても続けやすいかなと思っています。

 

御飯がおいしくなる

3つ目のメリットとして、御飯がおいしくなる点もあります。

 

今まで3食食べていた時は感じなかったのですが、1日2食にすることで、1食1食のご飯を味わって食べるようになりました。

 

実際結構おなかが減った状態で御飯にありつくので、すごくおいしいです。

 

一回一回の食事にさらにありがたみをもって向かえるようになりました。

 

自分は結構バカ舌でなんでもおいしく感じるのですが、すべてのものがさらにおいしく感じることができるようになりました。

 

体重はやせる

また、しっかりと体重はやせます。

 

始めた当初は61kgだったのですが、現在58kgまで体重が落ちています。

 

やせすぎたので、慌てて運動の量をへらすようになりました。今は58-9kgのあたりを推移しています。

 

本当にすぐやせてしまうので、体重管理とかには気を配っていきたいなと思っています。

 

クラップダンスと1日2食生活を続けたらすぐに10kgくらいやせることができるのではないかなって思っています(笑)

 

クラップダンスで体重が減った話はこちらの記事に書いてあるので、ぜひ読んでください!

salty-saltieblog.com

 

また、食事の際に食べすぎちゃったなあって感じても、身体がむくれている感じがしなくなりました。

 

昔は食べすぎたあととかにエネルギーが身体にたまってる感じがしたんですけど、2食生活してからはなくなりましたね。

 

2食生活のデメリット

f:id:salty-saltie:20210313183602p:plain

次に、2食生活をして感じたデメリットを書いていきます。

 

痩せすぎる

一番大きいデメリットはやせすぎてしまうことです。

 

これは人によってはすごいメリットになると思いますが、普通に生活をしていてかなりやせてしまいます。

 

自分は毎日軽い散歩と軽い筋トレをしているのですが、1か月たたないうちに2kgほどやせてしまったのでとても驚きました。

 

その関係か体つきが少し不健康そうになってしまったなという印象を持っています。

 

なので今後は、うまく体重管理もしながら過ごしていきたいなと思っています。

 

たまにエネルギー不足感がある

また、エネルギー不足な感覚になることがあります。

 

ほんとにたまにしか起こらなかったのでそれほど問題ではないと思いますが、何か食べないとだめだっていうことがありました。

 

その時は、ナッツとかチョコレートを食べています。

 

ナッツもチョコレートも保存・持ち運びに向いているので、とても便利です。

 

健康にもいいと思うのでおすすめです。チョコレートはカカオが多めのものを食べています。

 

まとめ

1日2食生活のメリット
  • 食費が浮く
  • 時間がかなりできる
  • 簡単に痩せれる
  • 御飯がおいしくなる
1日2食生活のデメリット
  • やせすぎる
  • たまにエネルギー不足になる

今回は、1日2食生活をしてみてわかったメリットとデメリットを書きました。

 

個人的にはあんまりデメリットを感じませんでした。お金と時間の節約にもなるし、消化管も休めることができるので健康にもいいのかなと思っています。

 

自分は今後も1日2食生活をゆるく続けていこうかなと思っています。

 

体重が減りすぎてしまう部分はうまくコントロールしていこうと思います!

 

今後も自分の体験談等を記事にしていくので、読んでもらえると嬉しいです!では!!