saltyの備忘録

大学生ブロガーです。FIRE目指して挑戦中!

Apple Pencilと他社製のペンを使い比べてわかったメリット・デメリット

f:id:salty-saltie:20210425155338p:image

「Apple Pencilってどのくらい便利なの?」

「他社製のペンとの違いって何なんだろう?」

「Apple Pencilって値段相応なのかな。。。?」

 

Apple Pencilを買うか、他社製のペンを使うかって結構悩みますよね。。。!

 

自分も買おうかどうか悩み続け、しばらく他社製のペンを使っていました。

 

しかし、持っていたペンが壊れたのをきっかけにApple Pencilを購入してみました。

 

今回は、Apple Pencilに乗り換えてみて感じたメリットとデメリットをまとめていきます。

 

純正のApple Pencilにしかできないと感じたことを書いていくので、Apple Pencilを買うかどうか迷っている方の役に立つ情報だと思います。

 

ぜひ最後まで読んでください!

(結論)Apple Pencilのメリット・デメリット

f:id:salty-saltie:20210323204058p:plain

さっそく、結論から書いていきます。

 

Apple Pencilのメリットは、

  • 手書き機能が便利
  • 手帳アプリのPlannerが使える
  • GoodNotesがより快適になる

の3つです。

 

Apple Pencilのデメリットは、

  • キャップなくしやすい
  • 充電の仕方が怖い

の2つです。

 

一つずつ解説していきます!

 

Apple Pencilのメリット3つ

まずは、Apple Pencilのメリットを3つ書いていきます。

 

手書き機能(スクリブル)が便利

1つ目は、手書き機能が便利という点です。

 

とくに「Safari」と「リマインダー・カレンダー」で便利だなと感じました。

 

スクリブルとは、Apple Pencilで書いた文字をテキスト認識してくれる機能です。

 

これはApple Pencil専用の機能だと思います。

 

現在、英語と中国語のみの対応ですが、有料の手書きキーボードをインストールすると日本語でも使うことができます。

 

Safari

f:id:salty-saltie:20210425154832j:image

SafariではApple Pencilで文字をかいて検索をかけることができます。

 

検索欄に直接文字を書くと英語に変換されます。

 

自分はこれを英語の本を読むときや授業をうけるときに使っています。

 

これまでWeblioの英和辞書などを使っていたのですが、広告が邪魔で気になっていました。

 

そこでSafariに変えたところ、広告も少なく、手書きでわからない単語をすぐに検索することができてとても便利だなと思いました。

 

リマインダー・カレンダー

また、この機能はリマインダーやカレンダーでも使えます。

 

入力したい文字を書けば認識してくれるので、キーボードに文字を打ち込む必要がなくなります。

 

片手でもったまま手書きで入力できるのでめちゃめちゃ便利です!

 

手帳アプリのPlannerが使える

f:id:salty-saltie:20210425154837p:image

2点目は手帳アプリのPlannerが使える点です。

 

PlannerはApple Pencil以外でも使うことができますが、書き心地が全く違います。

 

他社製のペンで使おうと思ったのですが、ぜんぜんかけず断念していました。

 

Apple Pencilを買ったので再びためしたところ、すらすらかけて満足です。

 

これをきっかけに自分は紙の手帳を辞めました。

 

とても便利なアプリなので、また別の機会に記事にしようかなとおもいます!

 

GoodNotesがより使いやすくなる

3点目はGoodNotesがより使いやすくなることです。

 

GoodNotesは他社製のペンでも十分すぎるほど使うことができていました。

 

しかしApple Pencil用の機能は搭載されているため、少し不便な部分はありました。

 

1本指で動かせる快適さ

一番大きく感じたのは、2本指でしか動かせないことです。

 

GoodNotesはApple Pencilかそれ以外で書くかを選ぶことができます。

 

そして、それ以外を選んだ場合は、ノートを移動するために2本指で動かさないといけません。

 

なれればそこまで不便じゃないですが、親指や人差し指だけで動かせる体験をしてしまうと正直戻れません笑

 

Apple Pencilは値段相応に便利だった

最初は嫌煙していたApple Pencilだったのですが、使ってみるとやっぱり値段相応に便利だなって感じました。

 

純正のものだからこその機能もいろいろなアプリについていて、かゆいところに手が届く機能が多いなと感じました。

 

Appleの製品はリセールの値段も高いので、中古で売るのであれば意外と安く使うことができるなと最近感じます。

 

ぜひ上記のメリットが気になる方はApple Pencil試してみてください!

 

Apple Pencilのデメリット

次に、他社製のペンと比べた時のApple Penciのデメリットを書いていきます。

 

キャップをなくす

f:id:salty-saltie:20210425154847j:image

1つ目は、キャップをなくすことです。

 

Apple Pencilは充電するときにキャップを外す必要があります。

 

そのため、充電している最中にキャップをなくしてしまう人がかなりいるそうです。

 

メルカリにもキャップのないApple Pencilが売られていました。。。(笑)

 

カバーを付けるなど対処の使用はいくらでもあるのでそこまで問題ではないですが、買う方は気を付けてください!

 

充電の仕方が怖すぎる

f:id:salty-saltie:20210425155024j:image

2つ目は充電の仕方が怖すぎることです。

 

Apple PencilはiPadの充電口に差し込んで充電するのですが、これがめちゃめちゃ怖いです。

 

上からものを落としたり、何かの拍子で踏んでしまったときには、Apple Pencilの充電部分が折れるんじゃないかとびくびくしています。

 

充電のスピードも速く、長く使えるのでそこまで不安はないですが、事故がおこらないように気を付けないとなと思っています。

 

まとめ

Apple Pencilのメリット

  • スクリブルが便利
  • Plannerが使える
  • GoodNotesがより便利になる

Apple Pencilのデメリット

  • キャップなくしがち
  • 充電の仕方が怖い

 

今回は、Apple Pencilと他社製のペンを比べてみて感じたメリット・デメリットをまとめました。

 

Apple Pencilはなんだかんだ純正なりの魅力があるなと感じました。

 

もし迷われている方は、自己投資だと思って純正を買ってみるといいと思います。悩んでいる時間も持っていないですし。

 

今後も自分が使ってみて役に立ったものを記事にしていきます!

 

今後も読んでくれると嬉しいです!では!!