saltyの備忘録

大学生ブロガーです。FIRE目指して挑戦中!

現役大学生が実践しているオンライン授業で寝ないための対策と予防法

f:id:salty-saltie:20210803122927p:plain

「最近授業がすごい眠くなる。。。」

「対面だと眠くならなかったのに、オンライン授業は寝ちゃう!」

「眠くならないために効果的な方法が知りたい!」

 

授業って結構眠くなりますよね。特に講義は話を聞くだけだとかなりしんどいです。。。

 

自分も授業で寝てしまうことをかなり悩んでいました。

 

しかし、対策をさまざま実践した結果一つも授業で眠くなることなく受けることができるようになりました!

 

そこで今回は、特にオンライン授業で眠くなってしまう人の悩みを解決するために、眠くならないための対策と予防法をまとめていきます!

 

本記事を読めば授業中にうとうとしてしまう生活から脱するヒントを得ることができると思います!

 

現役大学生の自分が実際に実践しているものなので、安心して最後まで読んでもらえると嬉しいです!

 

ではいきましょう!

(結論)オンライン授業で寝ないための対策と予防法

さっそく、結論から書いていきます!

 

オンライン授業で寝ないための対策と予防法は、 

対策
  • 立って授業を受ける
  • 水をこまめに飲む
  • ミンティアを食べる
  • 質問を考えながら講義を聞く
  • ほかの作業をしてみる
  • 外の空気を吸いに行く
予防法
  • 7時間は寝る
  • 寝られない環境を作る
  • 立って授業を受ける

 です!一つずつ解説していきます。

 

オンライン授業で眠くなった時の対処法

まず、オンライン授業中に眠くなってしまったときの対処法についてまとめていきます!

立って授業を受ける

f:id:salty-saltie:20210815131106p:plain

1つ目は、立って授業を受けることです。

 

自分が眠い時に一番効果的だった方法は立ってしまうことだと感じました。

 

立っていればうとうとすることもなくなりますし、血行もよくなるので目が覚めます。

 

オンライン授業なので高めの机があれば取り入れることができるのでとてもおすすめです!

 

興味がある方はこちらの記事も参考にしてください!

 

salty-saltieblog.com

 

水をこまめに飲む

 2つ目は、水をこまめに飲むことです。

 

これは短期的には効果があると感じています。

 

冷たい水を飲むことで、眠くて暖かくなっていた身体が冷めます。

 

そうすることで一時的に眠気を飛ばすことができると思います。

 

ただ効果が短期的なので、こまめに水を飲む必要があります。

 

ミンティアを食べる

 3つ目はミンティアを食べることです。

 

辛くてスースーするミンティアを食べれば眠気も飛びます。

 

ただ、最初はめちゃめちゃ効果的なのですが、慣れてくると効果が薄くなってきます。

 

水と合わせて食べるとめちゃめちゃ爽快です(笑)

 

自分はカフェイン入りの「ミンティア DryHard」をよく食べています。

 

質問を考えながら講義を聞く

4つ目は質問を考えながら講義を聴くことです。

 

授業は受け身で聞いているだけだと眠くなってしまうなと感じました。

 

なので、教授が話していることを頭の中で発展させて考えてみたり、質問を考えたりしながら講義を聞いてみましょう。

 

そうするとある程度の眠気であれば対処することができます。

 

ただ、寝不足などによる強い眠気には対処できないと思うのでその場合は水とミンティアを一緒に口に入れてみてください(笑)

 

ほかの作業をしてみる

 5つ目はほかの作業をしてみることです。

 

内職はあまりよくないですが、眠気はつまらない講義を聴いているときに襲ってきやすいので、しょうがない部分もあると思います。

 

なのでその際はほかの作業をしてみましょう。

 

作業をすることでその作業に対してはアクティブになるので少し眠気が和らぐと思います。

 

自分もどうしようもない時はそうしていました。

 

この方法の利点は、半分は授業を聞いていることができるのでめちゃめちゃ重要な情報は聞き漏らさずに済むことです。

 

ただ、話のほとんどは覚えていられないのでお勧めはしません。

 

外の空気を吸いに行く

対策の最後は外の空気を吸いに行くことです。

 

人は酸素不足で眠くなります。

 

ある教授が教室の二酸化酸素の濃度を測ったところ一定の水準を超えるとうとうとする学生が増えたそうです。

 

なので眠くなってきたら外の空気を吸いに行って休憩しましょう。

 

オンライン授業で眠くならないための予防法

 続いて、眠くなるのを事前に予防する方法を書いていきます。

 

7時間は寝る

f:id:salty-saltie:20210807142734p:plain

1つ目は7時間は寝ることです。

 

睡眠はやっぱり大事ですね。

 

自分は高校のころ6時間以下の睡眠しかとれていなかったのですが、授業は結構寝てしまっていた気がします。

 

今振り返ると何やってるんだって感じですよね。。。笑

 

その分自主学習で追いつかないといけなかったので、非効率だったなあと思います。

 

現在は7時間は寝れているので、眠くなることがほとんどありません。

 

睡眠の大切はさ自分が身をもって感じているので、ぜひ寝れてない方は寝てくださいね。。。!

 

寝られない環境を作る

また、寝られない環境を作ってしまうことも有効だと思います。

 

ビデオを常につけておく

1つ目の方法はビデオを常にオンにしておくことです。

 

緊張感が高まりますし、寝てしまうと全員にばれるスリルがあります(笑)

 

自分の友人も何人かこの方法を取り入れていました。

 

ただ、完璧というわけではなく、オンのまま寝てしまっている方はいらっしゃいました。。。(笑)

 

友人や家族に見張ってもらう

ほかの方法としては家族や友人に見張ってもらうこともありだと思います。

 

うとうとしていたら起こしてもらったり、授業でわからないところを聞きあったりしてみてはいかがでしょうか。

 

友人と受ければより積極的に授業を受けることができると思います。

 

立って授業を受ける

最後はやっぱり立って授業を受けてしまうことですね。

 

これは対策にも予防にもなります。

 

コロナでオンライン授業になってからは立って授業を受けることが増えたのですが、全く眠くなりませんでした。

 

一回でいいので皆さんには体験してもらいたいなと思っています。

 

自分は今この記事も立って作業しながら書いています(笑)

 

まとめ

オンライン授業で眠くなった時の対処法
  • 立って授業を受ける
  • 冷たい水を飲む
  • ミンティアを食べる
  • 質問を考えながら講義を聞く
  • ほかの作業をする
  • 新鮮な空気を吸う
眠くならないための予防法
  • 7時間は寝る
  • 寝られない環境をつくる
  • やっぱり立って受ける

今回はオンライン授業で眠くなった時の対処法をまとめました。

 

現役大学生の自分が実践している方法なので、しっかりと効果があると思います!

 

特に立って授業を受けるのは眠気を飛ばすのに完璧な方法なので、興味持った方は取り入れてみてください。

 

今後も役に立つ情報を発信していくので読んでくれると嬉しいです。では!