saltyの備忘録

大学生ブロガーです。FIRE目指して挑戦中!

【23卒】外コン就活に高い証明写真は必要ないと感じた理由4つ

f:id:salty-saltie:20210803122310p:plain

「就活の写真ってどうしたらいいんだろう?」

「やっぱり写真はちゃんととってもらったほうがいいのかな?」

「就活の写真にお金かけたくないな。。。」

 

こんな疑問・悩みにこたえていきます!

 

就活の写真ってお金かけるべきかどうか悩みますよね。

 

ほかのサイトでもしっかり写真館でとってもらうほうがいいと言っている記事もあります。

 

しかし、数回しか使わない写真に数万円もかけたくないですよね。

 

今回は、就活に高い証明写真は必要なのかどうかについてまとめました。

 

特に外資コンサルを志望している方には参考になると思います。

 

本記事を読めば、証明写真にお金をかけるかどうか判断する材料を得ることができると思います。

 

ぜひ最後まで読んでください!では、いきましょう!

【結論】就活に高い証明写真は必要あるのか?

さっそく結論から書いていきます。

 

22卒の自分の経験では、

就活に高い証明写真は必要ないです!

 理由としては、

  • 外資系ではそこまで選考に影響しない
  • スマホの無料アプリで大丈夫
  • 何度も取れるので会社に合わせた写真映りにできる
  • 写真よりも面接での映りのほうが大事

 の4点です!1つずつ説明していきます!

 

そこまで選考に影響しない

まず、就活の写真は正直そこまで選考に影響しないです。

 

外資系では特に意識されてない

とくに外資系では写真にお金を使っているかどうかは特に見られていません。

 

普通にいい表情で、明るく映っていたら大丈夫だと思います。

 

スマホのカメラで充分な画質になりますし、最近は圧縮しないと提出できないくらいです。

 

なので外資系志望の人は特に気にしなくていいと思います。

 

日系は気にするかも?

自分は外資系の就活しか経験してないので確かなことは言えないのですが、日系の企業は多少気にする会社もあるかもしれないなと感じています。

 

特に、履歴書を紙で出さないといけない会社は、写真の質なども志望度としてみてくるかもしれないです。

 

確証はないですが。。。

 

自分はその辺こだわってくる企業は働きにくそうだなって感じてたので、逆に会社を絞るために写真にこだわってなかった部分もあります。

 

スマホの無料アプリで大丈夫

まず、就活の写真はスマホアプリで大丈夫です。

 

自分は就活でつかった写真にまったくお金をかけませんでした。

 

履歴書カメラが便利

自分が使っていたのは、履歴書カメラという無料アプリです。

履歴書カメラ

履歴書カメラ

  • Recruit Co.,Ltd.
  • 写真/ビデオ
  • 無料

apps.apple.com

 

このアプリを使えば駅前にある証明写真機をつかう必要もないとおもいます。

 

普通にいい映りですし、多少の編集もできます。

 

印刷も対応しているので一度使ってみてください!

 

顔用の照明をつかう

写真屋さんだと証明等もうまくやってもらえますが、自分で撮るとそこが難しいです。

 

なので、家族に照明などを家にあるものをつかって調整してもらいながら撮影しました。

 

オンラインでの就活では、顔用の照明はかなり必須アイテムですので、まだ持ってない方は購入してみてください!

 

こちらの記事が参考になると思います。

salty-saltieblog.com

 

就活で顔の映りのよさは相手に与える印象が違ってくるので、そこはぜひこだわりましょう!

 

何度も取り直しができる

また、スマホでの撮影の場合、何度も取り直しをすることができます。

 

写真館や証明写真機で撮る場合はその都度お金がかかってしまいますが、スマホの場合は無料です。

 

企業に合わせた雰囲気の写真を撮れる

何度も取り直しができることの利点は、その会社にあった写真を提出できる点です。

 

自分は、外資系企業やがつがつした印象のある会社には、すこしきりっとした表情の写真を提出していました。

 

逆に、穏やかな雰囲気の会社には、柔らかい表情の写真を提出していました。

 

こんな風に、スマホで撮影する場合は、表情を分けた写真を撮影することができます。

 

なので、なんだかんだスマホで写真を撮ったほうが便利かもしれないですね。

 

写真より面接での映りのほうが大事

ここまで写真について話してきましたが、正直面接での映りのほうが大事です。

 

コロナの影響でオンラインの面接やGDがかなり増えてきました。

 

そのためWeb面接での写真映りがかなり大事になってきます。

 

メラビアンの法則でも言われてるように、外見はその人の印象のほとんどを占めてきます。

 

ぜひそこはこだわりましょう。

 

まとめ

コンサルの就活で高い証明写真が必要ない理由
  • 外資系では選考に影響しない
  • スマホの無料アプリで充分
  • 会社に合わせた写真にできる
  • 写真よりも面接での映りのほうが大事

今回は、外資系のコンサルの就活に写真館での写真が必要なのかをまとめました。

 

最近のスマホカメラはかなり質が高くなっているので、写真館などを利用しなくても十分だと思います。

 

就活はスーツや交通費などほかにもいろいろとお金がかかると思うので、節約できるところは節約していきましょう!

 

このブログでは、就活に関して個別での質問や相談も受け付けています。気軽にコメントしていただいて大丈夫です。

 

また、TwitterやInstgramもやってますので、そちらでDMしてきていただいても対応します!

 

今後も就活の役に立ちそうな情報を発信していくので読んでくれると嬉しいです!